———————————————–
街は生きた情報の宝庫!
———————————————–

成功者に、情報の収集方法について聞くと
「街で拾います」と…

そう、街には色んな情報があふれています。

中でも、特にコンビニは最高のアンテナショップなんです。

実はだいぶ前になりますが、
私コンビニでバイトした経験があります。

コンビニの商品って、ご存じの通り
入れ替わりが実に激しいんです。

同じ種類の商品でも、売れ筋だけが残り、
あっという間に消えていく商品もあります。

商品の補充をしながら、そんな流れを見ていて、
「これは売れるな!」と思う時がありました。

ネーミングやデザインが自分の直感にビビッと
くるんでしょうね。

その商品がヒットすると、
自分のセンスもまんざらでないなと…笑
思っていました。

当時は、そんな商売の事ばかり考えていた訳では
なかったのですけど。

前に参加したセミナーで
某有名な経営コンサルタントがおっしゃってました。

「世の中は自分の為にお金をかけて実験してくれている」と。

これはどういう事かというと、
ありがたい事に、自ら試さなくても

世の中でおきているすべての事は
色んな会社が多額のお金をかけて、
売れる売れない、上手くいくいかないを

実験してくれていると考える視点を
持ちなさいという事です。

そうなんですよね、まさしくコンビニの商品など
自分のかわりにお金をかけてマーケティングをして
くれているんです。

ですから、これは成功する、
これはダメだと見抜く目を養うチャンスでもあります。

雑誌の見出しを見るだけでも、今何が注目されているか
わかります。
そしてどの層の客がどんな雑誌を立ち読みしているなど。

色んな事が見えてきます。

ドリンクのネーミングによっても
売上が違いますよね。

眠い朝には「朝のコーヒー」につい手がのびたり
午後になると「午後の紅茶」など、
あなたも買ってませんか?

コンビニ以外でも

物を売る商売をする人は、実際に自分が物を買ってみて下さい。
お客の視点で色んな気づきがあると思います。

店員のどんな説明や応対で
「よし買おう!」という気になるか?

逆に店員のどんな態度で「もう2度と行くもんか」と
思うか。

ポップや商品の見せ方。
一つとってもヒントが満載です。

街は生きた情報の宝庫です。

閉じこもっていては、いいアイデアは中々でません。

あなたもぜひ街に出かけてみてください。