———————————–
守破離にトライ!
———————————–

色んな本を読んだり、セミナーに出たりして
インプットには時間とお金をかけていても

教えていただいた方法は実践してみなければ
何もなりません。

インプットばかりしていてもアウトプットができなければ
はっきり言って意味がないのです。

そこで今日はアウトプットをしてみる提案です。

あなたは、守破離はご存じですか?

守破離とは、
もともとは武道や芸の道などで
良く使われる言葉だそうです。

「守」というのは

最初の段階は、指導者の話を忠実に守ります。
できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、
指導者の価値観を自分のものにしていくんです。

すべてを習得できたと感じるまでは、
指導者の指導の通りの行動をします。

そして次の段階では「破」

次の段階で、指導者の話を守るだけではなく、
破る行為をしてみます。

自分独自に工夫して、指導者の話には
なかった方法を試してみるのです。

最後の段階が「離」

指導者のもとから離れて、
自分自身で学んだ内容をさらに発展させる。

これを身近なわかりやすい例でいうと

うちの娘がAKBのあっちゃん(前田敦子さん)みたいに
なりたい~と思ったとします。

まず、髪型、ファッション、メイク(まだ早い?)を研究して
あっちゃんをとことんマネてみます。

でも髪型は自分の顔型に合うように前髪をアレンジしたり
ともちん(板野友美さん)のファッションを取り入れたりして
最終的に自分に一番合うスタイルを見つけて行く。

といった感じでしょうか?

まずは、マネからでいいんです。
それが完璧にものにできたら、
次に自分のオリジナルを混ぜてみて、
最後に、新しいものをつくっていくということですね。

別に武道や芸能の世界だけでなく、
ビジネスでもどんな世界でも応用できる考え方です。

例えば、あの人のようになりたいと
憧れたり尊敬できる人がいたら

外見やファッションからでもいいので
まず、マネてみます。

おまけにセミナー動画DVDなんかがあれば、なおgood!
繰り返し見たり聞いたりして

話し方も身振り手振り、立ち方も、
とことん真似て、自分のものにするんです。

話しの内容なんか、別に意味がわからなくてもいいので
とりあえず同じ様に話してみます。

ずっと、真似して話していると、
わからなかった意味もだんだん理解できてきたりします。
これが守破離の守。

話の意味がよく理解できてわかってくると、
今度はまた別の人の言っている事などが
気になってくるはずです。

「この人の言っている事もなるほどだな~」とか

そこでマネていたものに、新たな情報も取り混ぜてみます。
これが守破離の破。

「でも、私はこの部分はこうした方がもっといいと思う」とか
自分の考え、という主張も出てくるはずです。

そしてこれらをうまく混ぜ合わせて、
自分なりのビジネスモデルが確立されると、
守破離の離になるわけですね。

初めて自転車にのる時のことを考えてみると
乗り方を覚えるまで、何度も転びながら練習しますよね。

フラフラして、支えてもらわないと倒れちゃったりして
本当に危なっかしかったはずです。

でも、一度自転車に乗れるようになると、
もう乗り方は忘れません。

ちょっとやそっとじゃ、転ばなくなります。
最初では考えられなかったような乗り方だって
できるようになります。

例えば手ばなし運転だってできたりして…
(危ないから、やらないで!)

それと似ています。

別にマネするのは人でなくてもいいんですよ。

やり方や手法でもOKです。

真っさらな白紙の状態から
全く初めての物を考え出すのは
ものすごく労力がいる事です。

でもすでにある物から発展して考えていった方が
早いし上手くいく確立も高いと思いませんか?