———————————–
良い商品だから売れるとはかぎらない
———————————–

今日は「物はどうして売れるのか?」
というテーマです。

あなたは、
もちろん、いい商品だから売れるのでしょう?
と思いませんでしたか?

でもね、意外にそんな事ではないようなんです。

もちろん何度もリピートする物とか、
長期的に見れば品質が重要なのはもちろんです。

でもここで言っているのは
初めて商品やサービスが売れる時の事です。

実は
「良い商品」だから売れる
というわけではないのです。

「良さそうに見える商品」
だから売れるんです。

本当に良いものかどうかは関係ありません。

えっ~!と思いませんでしたか?
なら、凄いです。

私なんか、初めてこれを聞いた時
結構カルチャーショックでした。

でもよく考えてみれば…

確かに初めて買う商品が良いものかどうか?
なんて使ってみなければわかりませんよね。

究極的な言い方をすれば
品質は関係ないのです。

でもでも、売る側の人間は
売れないと

「もっと性能や品質を良くしなくてはダメだ」
と思ってしまうのです。

品質の更なる向上をしなくては!と
商品開発の方を考えがちです。

でも真実は違います。
良さそうに見えないから売れないんです。

だからもしも、ご自分の会社の扱う商品やサービスが
あまり売れないのだとしたら・・・

それは「売り方」の表現がヘタだという事に
なるのかもしれません。

よく言われる事で
あまり質の良くない物を扱っている会社の方が
売り方が上手だったりするからです。

それは、悪い部分を上手く隠して
良く見える方法を
研究しつくすからです。

それじゃないと売れませんから。

それに引き換え、品質の良い商品を
作っている会社ほど

商品やサービスに自信があるから
売り方がヘタなことが多いとか…

そして
「なぜ、売れないんだ?」と…

すべては表現、プレゼンテーションが重要なんですね。

そういう思いで身の周りを見渡すと

テレビのCMにホームページ
チラシ、DM。

営業の方が顧客に直接説明するのも
もちろんプレゼンですよね。

それが売れないという事は
良いものに見える表現がされてないという事になります。

売る側の主体的な視点ではなく、
お客さん側の客観的な視点になって
表現を考えないといけません。

自分が物を買う時の感情を思い出してみて下さい。
そこには、何か理由があるはずです。

そういえば、私もセミナーを主催しますが
そのセールスレターでも同じですよね。

もちろん、品質に関して言えば
断言できます。

私は絶対いいとわかっているものしかやりません。

なぜなら、私はセミナー屋さんじゃないので
皆さんに聞いて頂き「すごく良かったよ」と
喜んでもらえる物でないと

主催するメリットが全くないからです。

でも、そんな事普通
他の方にはわかりませんよね?

そこなんですよ。

中身が良い物を多くの方に伝える事の難しさ。
これには毎回苦労しています。

本当に泣きたくなる程。

セミナー自体はいいもので
聞いてもらえばわかると思うけど

それをどういう表現で伝えれば
読んだ人の心に届くのか?
という点。

本当に悩みました。
何十回書き直したかわかりません。

困ったあげく、どうしたか?というと
それにはやっぱり、自分が今まで

どんなレターに反応し思わず購入したのかを
客観的に考えてみたんです。

なんで買おうと決めたのかな?

買おうと思ったからには必ず、
理由があるはずですよね。

売る側の頭から買う側の頭へと
行ったり来たり、思考を転換させ、

書き上げたつもりですが
どうだったでしょうか?

まだまだ2回だけですから
かなり未熟だとは思います…

次はもう少しレベルアップさせたいですね。

あれ?
なぜか自分のセールスレターの苦労話に
なってしまいました。(苦笑)

要は物を売るには
主体的な視点から客観的な視点を
持つ頭に切り替えるのが

いかに大切かという事が言いたかったんですが。

あなたもご自分の周りの表現について
観察してみて下さいね。