——————————————-
意外に失礼だったりして?
——————————————-

先日読んだ本の中で

人との会話の中で、
普段何気なく使っている言葉でも

よ~く考えると「意外に失礼な言葉」を使っているかも?
という事が書かれていました。

確かに、あるある~

ふだん何気に普通に使っているかも?
という表現がたくさん。

中でも、これは気をつけた方がいいよね
と私が思ったものを5つあげてみました。

①「暇なときに電話するね」
  「暇があったら会おうね」

よく別れ際とかに、言っちゃいそうですけど

よくよく考えてみると、かなり失礼な言葉ですよね。

だって、その人に対して「暇」な時にしか
時間をかける価値がないよという意味にもとれそうです。
もちろん言った人に、そんな悪気はないのでしょうが。

これは是非、別な表現に直した方がよさそうです。

例えば
「是非、今度時間を見つけて連絡させていただきますね」

「是非、またお時間を合わせて会いましょうね」

などの言い方の方がスマートには違いありません。

②「コーヒーでいいです」

「~でいいです」という言い方も注意です。

「他に選びたいものがないから、仕方なくそれでいいです」
というような、横柄な感じを受けます。

ですから、
「コーヒーをお願いします」
という言い方に、たった1文字変えるだけで

言葉のニュアンスがガラっと変わるから不思議です。

③「何でもいいです」

例えば友人や同僚、上司からの出張のお土産、
何種類かの中から選んだりするするシーンなんかでも

こちらは気を遣ったつもりで言ったとしても、
買ってきた側からすると

「どれにも特別な興味はない」
と受け取られてしまうかもしれません。

ですから、そんな時は
「うわ~、どれも素敵で迷っちゃいます」

など、その物が素晴らしすぎて決められないというような
ニュアンスを伝えると

買ってきた方も気分がよくなりGOODです。

④「雰囲気いつもと違いますね」

言われた方としては「どう違うの?」というのが気になります。
ですから、具体的にどう違うのかをプラスに伝えることが必要です。

髪型を変えた場合だったら
「雰囲気が一段と若々しくなりましたね」
とか、一言そえるだけで嬉しくなりますよね?

ただいつもと違うと言われただけでは、
「似合ってないのかな?」と不安になります。

そしてもし、マイナス方向にいつもと違うと思ったのなら
(疲れて見える、老けて見えるなど)

そういう言い方にはしないで
「最近はお忙しかったですか?」
とか

「お変わりはございませんでしたか?」
など、自由に答えられるような質問に切り替えた方が親切です。

⑤「今日はきれいですね」
  「昔は美しかったんですね」

ほめるのが苦手な日本人男性がサラっとこう言えただけでも
素晴らしいとは思いますが・・・(笑)

「今日は」とか「昔は」とか限定して言ってしまうと

「いつもはきれいじゃないんだ」とか
「今は違うんかい」

とツッコミをいれたくなります。

せっかくほめたのに、そんな風に取られたら
逆効果ですよね。

ですから、どうせほめるなら

「今日はいつにも増してお綺麗ですね」
「昔から美しかったんですね」

と継続性を出せると、いいですね。
そうすればパーフェクト!

こんな事がサラっと言えるようになれば
急にファンが増えるかもしれません。(笑)

「意外に失礼な発言」って、ありますよね。
もしかして、まだまだあるかもしれません。

自分がこう言われたらどう思うかな?というのを
常に意識できるといいですね。