———————————–
「デキる男」や「デキる女」になるには?
———————————–

あなたは、手先は器用ですか?

実は私、意外と器用な方かもしれません。
といっても、今は忙しくて全くしませんが、

専業主婦時代は、子供の洋服なんて兄弟お揃いで作っていました。
とりあえず何でも自分で作れないだろうか?とトライして
既製品より可愛くできたりすると嬉しくなったりして・・・

そうなったきっかけは、周囲の反応です。

新婚当時は社宅住まいだったのですが
子育て中、本を見て見よう見まねで作った
娘のジャンバースカート第1号を

「え~すご~い、自分で作ったの?
器用だね、すごいね」
と、社宅の友達が口々に褒めてくれました。

ほんとは最初家庭科はあまり得意じゃなく
お世辞にも、綺麗な仕上がりではなかったけれど

周囲から器用だ器用だと言われたことに
気をよくして、調子に乗ってたくさん作りました。

そうすると、また褒められるので
嬉しくて・・・の好循環です。

そのうち、作品数が増えるたびに
腕はみるみる上達していき
洋裁以外にも色々手を出して。。。

これは、心理学ではラベリング効果と呼ばれるものなんです。

難しく言うと、ある事象に特別な言葉や名称(ラベル)を付けることで、
その事象に関する印象に影響を及ぼすことです。

う~ん、わかりにくい!
やっぱり簡単に言いましょう。笑

最初たとえ事実と多少違ってたとしても、
そういうレッテルを貼ってしまうことにより
相手はその通りの人間へと近づいていくという

一種の自己暗示みたいなものです。

私も、最初は大して器用でもなかったけど
周りにおだてられて
「器用な人という」レッテルを貼られ、

自分もその気になって、本当に
「まあ、割と器用」となったんです。

アメリカのノースウェスタン大学の心理学者
リチャード・ミラーが、こんな実験をしたそうです。

1つのグループの子供たちには、
「清潔と整理整頓は、生活をしていくうえで
とても大切なことなんだよ。なぜなら・・」
というふうに説得をしました。

もう1つのグループの子供たちには、
「あなたたちは、清潔好きで、整理整頓の出来る子供たちですよ」
と言い続けました。

結果として、後者のグループの子供たちのほうが、はるかに、
「清潔、整理整頓」を実行できるようになったそうです。

「あなたは○○な人だよね」というレッテルを貼りつけ、
そのように行動を促していくと
理屈で分からせようとするよりもはるかに効果的なんです。

よく子育ては、ほめて伸ばしなさいといいますが
こういう理由があったんですね。

ちなみに子供への適用は効果絶大ですので
悪い方に使わないようにくれぐれも気をつけて下さい。

なんであんたはそんなにだらしがないの!
とか・・・

あ~もっと、早く知りたかったです。
ごめんよ、子供達!
今からでもいいよね?笑

でもこれはビジネスマンにも言えます。
誰かに「君はダメな奴だ」というレッテルを貼られたら
本当にダメになってしまうかもしれないし、

逆に「あの人はデキる」というレッテルを貼られたら、

そのように振る舞うようになって、
いつのまにか本当に「デキる男」や「デキる女」になるわけです。

経営者や上司のみなさんは
自分の部下や社員を良く育てたいと思えば
どんなふうに声掛けしていけばいいかは

自ずとおわかりですね?

また、自分にとって、良いレッテル貼ってくれる人とだけ
付き合っていった方がいいという事かもしれませんよ。