杉山夏子のメルマガ第48号「初対面は笑顔で秒殺?」 

———————————–
初対面は笑顔で秒殺?
———————————–

初対面の人に会う時って
緊張しますよね。

あなたは、どうですか?

相手がどんな人なのか?
全くわからないのですから
不安になるのは仕方ありません。

その不安を上手に取り除いてあげられる人が
良い第一印象を与えられる人なのです。

人の第一印象は、1~7秒で決まる
といわれています。

ご存じの方も多い、
有名なメラビアンの法則。

おおざっぱに言うと

表情が6割。
話し方が3割。
話す内容が1割。

これは、人が好印象と決める要因の法則を
示している数字なのですが

これを見ると、人間って
結構いい加減な生き物なんだと。

中身はほとんど関係ないなんて・・・

いくらいい話をしても、見た目の印象が
悪くては、ダメという事なのですね。

よく人は見た目じゃない!中身だ!
と言われますが、第一印象に関して言えば
あてはまらないみたいです。

まあ、中身は親しくならないと
わからないですから。

結局、第一印象は見た目から
判断するしかないという事なのですね。

もちろん、服装、髪型、持ち物によっても
印象はだいぶ違うと思いますが。

ここで話題にする見た目とは
カッコいいとか、可愛いとかいう事ではありません。

相手に対する姿勢や態度の事です。

まず、人に会ったら最初に挨拶をしますよね。
この時に笑顔で明るい
気持ちの良いあいさつができるかどうか?

これは本当に重要課題です。

無表情だったり、にらみつけたり、
目を見ないで挨拶した場合は
明らか、第一印象が悪くなります。

ご自分の印象に自信が持てないなあという方は
節度をもって、親近感を与えられるような笑顔を
普段から鏡で練習しておくといいかもです。

この笑顔だけでも、初対面の方には
6割の好印象の
安心感や親近感を与えれるのですから。

そしてあとは
表情と話し方です。

・はっきりとした口調で、明確に話すこと。

・相手の目をきちんと見て話す事。

・ほんの少し高めの声で、抑揚をつけて話す事。

こんな事で、第一印象が良くなるなら
やらない手はありませんよね。

簡単に言ってしまえば、
話の内容がイマイチだったとしても、

にこやかに優しく話しさえすれば、
相手に好印象は与えることが出来るのです。

逆に言えば、たとえ話の内容が素晴らしく、
内面はどんな人格者であったとしても、

それを表情や話し方で表さない限り、
相手に好印象を与えるのは難しいという事なのです。

という事は、中身を工夫するより、
ほんの少し表情や話し方を意識するだけで
いいのですから

こっちの方が、明らか簡単。

是非、良い第一印象は
自分で作っていきたいですね!

ちょっと、話は脱線するかもしれませんが。
私が日頃、よく思う事なのですが、

少しでも笑顔を見せたら、なんか損する?
と思っているような、店員さん。
よく見かけませんか?

笑顔は接客の基本中の基本のはず?

なんで、そんなに無表情なの?無愛想なの?
と思う事もしばしば。

笑顔の方が、絶対可愛いのに~。
損している人多すぎです。

本人が気がついてないのなら
経営者の方は自分の店のスタッフに
指導してあげて欲しいです。

笑顔ってタダですよね?
お金がかかる訳ではないはず。

美容的にも、表情筋を動かした方が
良いらしいし。

笑顔位、大安売りしましょうよ!
と言いたいです。(笑)

最近テレビによく登場する、
インプレッショントレーナーの重田みゆきさん
がいい事言ってました。

「幸せだから笑うなんてナンセンスです!
幸せになる為に笑うんです!」

素敵な言葉だと思いませんか?

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク