———————————–
やる気スイッチどこにありますか?
———————————–

あなたは、どうしてもやる気が出ない時って
どうしてますか?

そんな時は何もしないっていう方法もありますが
社会人たるもの、毎回そんな事も言ってはいられませんよね。

でも実は、自分のそういうやっかいなモチベーションを
コントロールするのに便利な手法があるんです。

それがアンカリング。

NLPの手法の1つらしいのですが、
そんなに難しい事ではありません。

アンカリングのアンカーは
船が停泊する時におろす、
あのアンカー(いかり)です。

どんなに気分が乗らない時でも
自分で決めたスイッチ(アンカー)をポチッと押せば
「やる気モード」がガーっとあがってくる
という便利な手法です。

たとえば
ある曲を聞くと、昔付き合っていた人とのデートの
楽しかった時代の思い出なんかが、脳裏に浮かんでくるという
経験はありませんか?

誰でも思い出の1曲とかありますよね。

これも、その特定の曲がスイッチになって
楽しかった感情が思いだされるというアンカリングの一種です。

もちろん、逆の悲しくなる辛い想い出の場合もありますけど…
そちらはネガティブアンカーです。

最近の泣きの演技が上手い子役も
これを使っていますよね、きっと。

でもここで使うのは、やる気がわく
ポジティブアンカーの方です。

自分自身に対して、やる気スイッチが入る
アンカーを作っておくと、とても役立ちます。

これは、音楽だけでなく
言葉や、動作、ある特定の刺激によって起こせます。

疲れている時でも、やる気がおきない時でも
このポジティブアンカーを使う事によって
最高の状態を作りだすことができるのです。

その方法です。

1.得たい状態を自分の中で明確にする。

 どういう感情を感じるようになりたいのか?
 例えば、最高にやる気に満ち溢れ、自信のある状態とか。

2.その状態を実際に思い出してみる。

 今まで生きてきた中で、最高にやる気を感じた時、
 幸せだった時を思い出してみる。
 自分が自信をもった時、目的を達成した時の感覚とか。

3.そのイメージを更に高めていく。

 その状態をどうしたら、もっと強く感じられるか実際にやってみる。
 そして感情を強めて行き、ピークに達する直前で
 ユニークな動作でアンカリングする。

4.テストしてみる。

 何もない状態で、約束事の動作をして、
 その感情が再現されるか試してみる。

その訓練によって、ある動作をすれば、
いつでも最高の状態を引き出す事ができるという訳です。

このアンカリングの動作は、普通とはちょっろ違う
ユニークさがポイントらしいのですが、
かといって、あまりにユニークすぎると、人前でできませんよね。
ですから、それはほどほどに、設定して下さいね。

ビジネスなら、大事な商談の前や、プレゼンの前とか
プライベートなら、デートの前なんかにも
応用できそうです。

自分の状態を好きなようにコントロールする事が
できるようになるそうですので

是非お試しくださいね。