———————————–
勉強してから、行動ですか?
———————————–

あなたは勉強お好きですか?

「いやー、勉強なんて大っきらい!」
ですか?

私も、もちろん、学生時代は
学校の勉強なんて大嫌いでした。

理数系なんて本当に苦痛。

でも、どうも資格の勉強を始めた頃から
急に勉強家になってしまったようなんです。(笑)

とくに職業柄、勉強しないと仕事ができないので
それが脅迫観念のようになっているのかもしれません。

法律もどんどん変わりますから、
もちろんそれを勉強するのは必要なのですが・・・

ただ、この勉強ばかりは、ちょっと問題です。

なぜかと言うと、「勉強する事」を動かない
いいわけにしてしまいがちだから。

「もう少し勉強してから、行動します。」
もう少し、もう少し、といっても
勉強には終わりはありません。

いつまでたってもキリがないものです。
どこかで区切りをつけなければいけません。

なんと言っても今は
自己啓発、マーケティングなどetc.

書籍やセミナー、教材、インターネット検索など
学べる情報がそこらじゅうに溢れています。

もちろん全く知識がなければ
どうにもなりませんが、勉強しすぎはいけません。

だって勉強なんて、いくらしたって仕事は取れません。
一銭にもなりません。

まずは行動して仕事を取らなければ
何にも始まらないのです。

「行動しない知識は悪だ」と誰かが言ってました。

せっかく学んだ事も使わなければ
ただの知識で、意味が無いものになってしまいます。

そもそも多少不勉強でも、
実際に経験してみれば、なんとかなるものです。

それにたとえ失敗したとしても、
経験が増えて行きます。

その経験がどんどん積み重なって、
勇気になり自信へと変わって行くのですから。

知識を入れるばかりの頭でっかちはNG。

そもそも、どんどん入れるだけでは、
ところてん式に押し出され
こぼれおちていってしまうような気がします。(笑)

本当にこれは自分にも言い聞かせている事なので、
気持ちはとってもよ~く分かりますが、
勉強に逃げてはいけませんよね。

特に真面目な人ほど、やりがちなんです。

インプットはほどほどに
アウトプットにこそ、力をいれなければ。

実際にやってみて覚えたことは、本で読んだことの
何倍もの力になる事は周知の事実ですから。

極端な事を言えば、
行動して、その結果必要になった時に勉強したって
遅くはないわけです。

これを勉強してから、行動しよう・・
あれも勉強しないと、ちょっと恐いな。

「まずは勉強」と思ってしまう人は
この考え方を改めなければいけません。