———————————–
孫の手サービスで差をつける?
———————————–

一流のセールスマンのテクニックとして
「かゆい所に手が届くサービス」というのがあります。

それは画一的なサービスではなく
お客様毎に個別に対応するサービスというのがポイントなんですが。

一番手っ取り早いのは、お客様毎にどこがかゆいですか?
と聞いてしまうのがいいのですが・・・(笑)

でもやっぱり
他と差をつけるには、できれば先手を打ちたい所ですよね。

では、かゆい所に手が届くサービスというのは
どのようなものでしょうか?

それをやって出世した戦国武将がいます。
気がきく、キレ者で有名だった石田三成です。

その有名なお話があります。

豊臣秀吉が鷹狩りに行った時によった寺で茶を所望したところ
そのお茶を出したのが寺の小僧だった石田三成少年なのです。

まず一杯目は大きな茶碗にぬるめに、七、八分程度入れて出しました。

それを一気に飲み干した秀吉は、更にもう一杯所望したのですが

すると今度は少し熱めで茶碗に半分ほど入れて出しました。

その事に秀吉は大変興味をもち、更に三杯目を所望したところ、
今度は小さな茶碗に更に熱い茶を入れ差し出したのです。

一杯目は、外から駆けて来たので喉が渇いているだろうと、
ぐっと飲み干しやすいように、わざとさまして出し、
喉が潤ったところで今度は熱めに、その次は更に熱く。

その機転がきく様子にとても感心した秀吉が
石田三成を自分の小姓としたのです。

それは当時で言えば、とんでもない大出世でした。

秀吉自身も信長の草履を懐に入れて温めて
信長の目にとまったという話が有名ですから、

かゆい所に手が届くサービスが得意だったといえます。
やはりこういう気のきいた事ができる子供が
「こいつ、やるじゃないか」とお気に入りだったのでしょう。

飲む人の状況をその人の立場になって考える事ができる
という、一流のセールスマンのテクニック
を使って石田三成は出世したのですね~。

お客様に対して
気のきいた事ができるかできないかで
一流かどうかがわかれます。

かゆい所に手が届くサービスとは

お客様が伝えたつもりの要望では、
ここまでの事は言っていなかったけれども
「もっと、こうするとなおいいですよ」と
更に気をきかせてくれるようなサービスでしょうか?

もっと具体的に言うと、
例えば美容院でヘアスタイルをオーダーする時、雑誌の切り抜きを見せて
「こんな感じにしようかと思うんだけど・・・」と言った所、

「きっと似合いますよ、杉山さんの顔立ちやいつもの洋服の感じだったら、
この部分はこういう風にした方が素敵ですよ」
とプラス提案してくれる、というサービスかしら。

要するに、こちらの言わんとしていることや好みを、
言わずとも感じ取ってくれるサービスです。

お客様にあった対応ができると
それは他との大きな差になります。

あなたのお仕事でのかゆい所に手が届くサービスとは
どんな事でしょうか?