杉山夏子のメルマガ第76号「日本人は我慢が得意?」 

———————————–
日本人は我慢が得意?
———————————–

日本では「我慢は美徳」の様に言われていた時代もありましたが
本当はどうなんでしょう?

「石の上にも三年」
これ、私が開業時に先輩から言われた言葉です。
でも三年も石の上でじっとしていたら、干上がっちゃいますよね?

アメリカ在住の日本人のブログに、子供の学校生活における
国民性の違いについて書かれていました。

日本人は我慢が得意だけど
アメリカ人は我慢が苦手だと・・・

日本の学校ではハンカチやティッシュは自分で持って行き
手を洗えば、自分のハンカチで手を拭くというのはあたりまえですよね?

でもアメリカでは違うとか。

アメリカの子どもは学校にハンカチやティッシュなんて持って行きません。
どこにでもペーパーと大きなゴミ箱が置いてあるので、
ハンカチやティッシュは必要ないそうです。

そのためペーパー消費量も大量だとか(環境に悪いですね^_^;)

我慢は苦手なので
ハンカチやティッシュをいつも持ち歩くような、
面倒くさいことはしないそうです。

ペーパーがあちこちに備え付けてあれば、
みんなだってその方が便利でしょ?という感じだとか。

それに学校では、なんと午前10時におやつタイムがあるそうです。
お昼までにはお腹がすいてしまうので、それなら何か食べて
お腹を満たしましょう!という・・・

日本ではお昼までもたせる為、
朝はしっかり食べていかなきゃダメ!

その途中に間食なんかしたら、お昼がしっかり食べれないのでダメダメ!
というのが日本の考え。

ところが我慢が苦手なアメリカ人は、我慢しなくていいように、
合理的にその解決方法を考えるのです。

そういえば、便利なものってアメリカからきたモノ多いですよね?

赤ちゃんの紙おむつも・・・
昔は布おむつを洗って繰り返し使っていたのですし。

赤ちゃんがいたって大人だけで夜お食事に行ったりする為に
ベビーシッターを頼むとかします。
これはまだ、日本ではあまり普及していませんが。
(罪悪感があるのでしょうね?)

お料理の道具でも、昔の日本人は包丁1本で
器用に芸術的な飾り切りまでしちゃいますけど

アメリカにはそれぞれの使い道によって色んな道具があります。
もちろん、今は日本にも色々普及してきていますが。

皮むき器からはじまって、スピードカッターとか便利な道具は
全部アメリカ発ですよね。

新しいアイデアを出し、新しいルールや物を作って、
困難を乗り越えるのはお得意です。
その為の、発想力はピカ一。

一方、日本人は我慢する事、
ルールを守る事においては、世界一?

別にどっちが良くて、どっちがダメだと言っている訳ではありません。
震災時の礼儀正しく我慢強い被災地の様子など、
世界中で称賛されたのは記憶に新しいですし。
それは、同じ日本人として誇りに思います。

日本において、我慢する事はみんな得意なのです。
だから満員電車だって我慢して乗ります。
その方がまわりに波風立たないから。

それより、我慢しないで、人と違う事をするのが苦手です。
自分勝手なヤツとか自己中だと周りから思われたくないし。。。

でも残りの人生、そんなに我慢ばかりしていても
み~んなしているから、誰も褒めてはくれないし、
そこからは何も生まれません。

せめてビジネス面では、勇気を出して自己主張して
我慢をやめてみるっていうのはダメですか?

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク