杉山夏子のメルマガ第79号「M&Aセミナーのご案内です。」 

———————————–
M&Aセミナーのご案内です。
———————————–

昨日、新年会に向かう送迎バスの中で
知り合いの主婦の方に最近の仕事について聞かれたので
今取り組んでいるM&Aのお話をしました。

最初は「M&Aって何?」という感じだったのですが

簡単に説明したら、これからの社会に随分必要な事だと
感じて下さったようで

「皆そういうの知らないんだから、もっとどんどん大勢の人に
伝えなくちゃ!ダメだよ」
と激励されました。(笑)

そうですよね、ただM&Aの事やりますだけでは
「まあ、自分には関係ないな」と思われてしまうので
しっかりお伝えしなければならないなと感じました。

ですから今日は来週のM&Aセミナーで
私がお話する内容のほんの一部ですが、簡単にご案内せて下さい。

M&Aは企業の合併買収だけの話だと思っている方ばかりなのですが。。
もちろんそれも多いです。

でも実はそればかりではありません。

店舗などの小規模ビジネスにも
当てはめることができる手法でもあるのです。

たとえば居酒屋を経営されていたオーナーさんが
健康上の理由や高齢の為などの何らかの理由により
事業を続けられなくなった場合を考えてみます。

そうなると普通、廃業するという選択肢しか考えられないのですが、
この店舗がもし賃貸だった場合、意外にお金がかかります。

まず、元の状態に戻すという原状回復費用がかかります。

現状回復費用は店舗の内外装の状態によって異なりますが、
一坪当たりの相場は4万円~10万円と言われますので
25坪の居酒屋だとすると100万円~250万円ほどかかります。

保証金だけで足りればいいですが、
そうなるとマイナスの持ち出しになる場合が多いのです。

そしてなんといっても、今まで創業オーナーが大切に育ててきたお店が
なくなってしまうのですから
これは地域社会にとっても損失ですよね。

また自分の持ち物だった場合でも、このご時世売却は中々困難です。

最近では、「居抜き」という物件がはやっているようです。
内装や設備をつけたままの状態で引き渡すので原状回復費用がかからなく
直前まで営業を続ける事ができる点はいいのですが
売却価格はかなり安く買いたたかれると聞きます。

これをもし、M&Aで営業権を譲渡してのオーナーチェンジという手法を取れば
もっと売り手事業者さまにメリットの多い引退が可能になります。

この場合、ただ廃業するのと、M&Aした場合、
売り手の方が手にするお金は天と地ほども違いますし
居抜きで売却するのよりも、もっと高く売れるのがM&Aです。

またもう一方の買い手の方にもとてもメリットの多いお話。

もし身近でそういう案件を知っているという方にも
利益になるお話です。

もちろん、M&Aが成立するには、いくつかの条件はありますが・・・

そのような内容についても今度のセミナーではふれさせて
いただこうと思っております。(もちろん会社のM&Aも…)

オーナー経営者様はもちろんの事
M&Aで創業したいという方も是非聞いて頂けたら嬉しいです。

 http://ma.sugiyama725.com/
(クリックするとセミナーHPにとびます)

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク